HOSHIMI DENTAL CLINIC ほしみ歯科

当院について

MENU

むし歯

歯の表面に棲みついた菌が歯を溶かしている状態、それがむし歯です。

時間が経過するとその結果として、私たちが目に見える穴が空くことになります。
一般にはこれをむし歯と呼んでいます。

削らない虫歯

以前は、「むし歯は早く見つけて、早く治療する」のが良いと考えられていました。

しかし、削って詰める、被せるという修復治療のみでは、結果的に歯の寿命を短くしてしまうことがわかってきました。
修復治療は、再発などの理由で、せいぜい8年から10年もすると半数以上はやりかえることになります。
もちろん、むし歯を削る必要がある場合には、最小限で最大の効果が出るような治療が望ましいことは言うまでもありません。

むし歯の進行は止められる

スウェーデンでは、「小さなむし歯は削って詰める」という修復治療をせず、
大きくならないように管理し、新しいむし歯が出来る前に予防することが推奨されています。

むし歯を作らない環境づくりが、大切です。

コンポジットレジン修復

当院では、歯を削る量が少なくて済む、日本が世界に誇る接着技術を活かしたコンポジットレジン修復も得意としています。
より確実性、審美性を求めるケースでは、
保険適応外での修復(ダイレクトボンディング)、変色歯の漂白(ホワイトニング)も扱っております。