HOSHIMI DENTAL CLINIC ほしみ歯科

当院について

MENU

歯周病とは?

歯周病は、お口の中のバイ菌によって歯を支えている骨が溶けてしまう病気です。
支えを失った歯は、徐々にぐらぐらになり最終的には抜け落ちてしまいます。
初期の段階では目立った自覚症状がありませんが、ゆっくりと進行していくため、
痛みや歯のぐらつきなど、明らかな自覚症状が出る頃にはすでに重症化していることも珍しくありません。

日本の成人のおよそ80%は歯周病を患っていると言われており、
悪化した場合の治療は手間も時間もかかり、後遺症も残ります。
そうなる前に、きちんとした診査、診断を行い、毎日のセルフケアと定期的な検診をしましょう。

歯周病の原因

お口の中には、今現在わかっているだけでも500〜600種類もの細菌が棲んでいます。
多くの細菌は、そんなに悪さはしませんが、生活習慣が乱れていたり、
ケアが十分でなかったりすると、歯の表面にくっつき、歯垢(プラーク)となります。

これらは、粘着性が高いため、うがい薬でゆすいでも落とすことは出来ません。
歯垢1mgの中には、十億もの細菌がいるとも言われ、むし歯や歯周病の原因となります。

また喫煙や糖尿病、過度のストレスなども歯周病を悪化させる要因と言われています。

当院での治療方法

担当の歯科衛生士と、二人三脚ですすめていきます。

歯周病は、見た目だけでは進行の具合を正確に把握できません。
当院では部位毎に細かくレントゲン撮影をしたり、お口の中の写真を撮影したりして
きちんと診査を行い、現状を把握し、患者様にご説明下上で治療に入ります。

歯周病は歯石を除去したり、薬を飲んだりしただけでは治らないことが分かっています。
当院では北欧式の考え方に基づき、口腔ケアに重点をおいた歯周病治療を行っています。
大切な歯を失う前に、歯を悪くしないために、歯周病治療に取り組んでみませんか?